スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



男子400リレー銅、トラック種目で80年ぶりのメダル

北京オリンピック男子400mリレーで日本チーム銅メダル

朝原宣治、末続慎吾、塚原直貴、高平慎士の4選手
本当におめでとうございます。



陸上ではマラソンなどの長距離では
日本選手が何度もメダルとったりしていますが
北京の「鳥の巣」のようなオリンピックのメイン会場で行われる
トラック競技では80年間もメダルがとれていなかったのですね。


陸上のアスリートが活躍するトラック競技ですが
米国、ジャマイカ、英国などの国の選手が活躍していますが
日本人選手と比べて明らかに身体能力が違います。


米国や英国でも強い選手は
白人選手というより黒人選手が中心となっています。
大国の中国も陸上のトラック競技でのメダルが難しいのは
日本人と同じアジア人であることも一つの理由かも知れません。


そんな体力差で明らかに不利なトラック競技ですが
リレーはバトン技術がとても大切なんですね。


走る運動能力とバトン技術は別なものです。
リレー競争の面白いのは
まさにこのバトンマジックです。


400メートルリレーの場合、4人の選手による
3回のバトンリレー
このバトンリレーがいかに無駄な動作がないかで
100分の1秒単位の差が出てきます。


第3走者の高平選手がコメントで
「9秒台の選手が多くいるチームでも、リレーはまた別」
と語っていますが、
バトン技術で日本チームが他国チームに比べて
優れていたことへの自信があったのだと思います。


予選でバトンリレーでまさかの敗退となった米国と英国。
イギリスの場合、次回はオリンピック開催国ですから
北京の反省をもとに、リレーのバトン練習をしっかりやってくるでしょうね。



スポンサーサイト

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dream5rin

Author:dream5rin
オリンピック大好き人間です。
20年ぶりのアジア開催、北京オリンピックを大いに楽しみたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。