スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



中国の鉄道事情(切符の購入方法)

北京オリンピックの2008年ですが、
中国旅行する場合鉄道利用はどうでしょうか。
なんといっても国土の広さが日本とは違います。


海外を旅行したい場合、移動手段というのも事前に調べて行くと
現地での苦労が減りそうなものですが、海外旅行の中でも
2008年夏季オリンピックでも注目の中国、
今後中国旅行を考える人などが増加するとされていますが、
中国旅行の際の移動手段といえば鉄道があると思います。


中国の鉄道は総路線距離65000km以上と、
日本では考えられないような乗車時間が必要になります。
それは中国の誇りでもありますが、
現在では目的地まで必要以上の時間がかかることや、
インフラの未整備の未解決などの問題も指摘されているそうです。
しかし逆に高速列車の存在や、諸外国人が興味を示すような
蒸気機関車の存在は中国鉄道ならではの特徴です。


中国鉄道は中央の鉄道部を中心に、全国にいくつかの鉄路局を
運営しているそうですが、中国鉄道は事前に知っているのと
いないのではかなり苦労に差がでるそうなので、
事前の下調べがとても重要なようです。

中国の鉄道は日本とは違い、全座席指定席であることや
簡単に駅のホームに入れない事などから、簡単には乗れないそうです。


まずは手持ちの中国旅行ガイドブック、ウェブなどで
何処に行くのか目的地を選びます。
目的地、乗車する列車がある程度絞れたら切符の購入です。
可能ならばホテルに入っている旅行会社に購入を頼む事が
一番なようです。


中国の駅の切符売り場は常に混んでいて治安も良くないそうです。
また1時間待っても買えませんでしたという事もありえるそうです。

旅行会社に頼めば手数料は取られますが、時間の節約になります。
日本でもいくつかの旅行会社が中国鉄道の切符を扱っていますが、
中国価格の2~6倍ほどかかってしまうそうです。
色々お勧めもありますが、中国語に自信のある方などは
自力で駅に行って購入と言う事でも問題は無いそうです。


無事切符を手に入れたら、出来れば発車1時間前くらいに駅に行く事が
お勧めされていますが、駅に着いてからも日本の鉄道とは違う点が
色々と出てくるようです。


今回は中国旅行の際など、初めて中国鉄道を利用する場合の
日本との違いを紹介してきましたが、切符の購入のみについて
でしたので、実際鉄道を利用したい方は是非事前に下調べを
しておくと色々と便利になってくるのではと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dream5rin

Author:dream5rin
オリンピック大好き人間です。
20年ぶりのアジア開催、北京オリンピックを大いに楽しみたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。