スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



中国旅行で見逃せない【パンダ:熊猫 】

パンダ

日中国交復活時代の証、
と言ってもよいかもしれませんね。


世界で中国にしか生息していない希少動物ですが
上野動物園で見たパンダと本国である中国のパンダ
動物園の様子など比べながら見るのも興味が持てそうです。



皆さんは中国というと何が思い浮かぶでしょうか。


2008年の夏季オリンピックはもちろんですが、中華料理やニュース
などから少し良くないイメージなどもあるかもしれません。


中国を代表するものといっても色々あると思いますが、中国の代表的な
動物のひとつといえばお土産などでも有名なジャイアントパンダ
なのではと思います。


ジャイアントパンダは四川省や陝西省に生息しています。
別名はシロクログマ、色分熊でネコ目クマ科に属します。
コビトカバ、オカピと共に世界三大珍獣とされています。


クマに似た特徴を持ちますが、アライグマに近い特徴もあり、
クマ科か、アライグマ科かパンダ科か長年論争が繰り広げられましたが、
遺伝子解析から、クマの近縁であるとされました。


パンダという呼び方は「竹を食べる物」というネパール語である
「ポンガ」に由来されるとされます。中国では「熊猫」などと呼びます。



パンダの全長は120~150cmで、立ち上がると
170cmくらいになるそうです。

オスの体重は100~150kg、メスは80~120kg
くらいになるそうです。生まれたては体重100~200gと大人の
約1/1000くらいしかないそうです。

成長したパンダは大きいですが、赤ちゃんはネズミの大きさです。
赤ちゃんが小さいので、お母さんパンダの下敷きになり圧死すること
もあるようです。


現在は竹林を住みかにし、笹や竹を主食にしていますが
かつてはクマ類に属していることからも肉食を含む雑食であった
ともされています。

笹が主食になった要因は気候の変動などによると言われています。
群れや家族は形成せず、単体で行動し、冬眠はしないそうです。


中国では40箇所のパンダ保護地区でパンダを保護していますが、
最大の物は四川省にあるそうです。

中国では生息地域だった土地の開発などによりパンダが
孤立する傾向にあったり、食物である竹が不足したりする
ことが起こっているそうです。


パンダの密猟は重罪とされているようです。
2006年、生育センターなどのパンダは計217頭、野生では
約1600頭のパンダが生育しているそうです。

80年代末より増加傾向にある数字だそうです。


中国旅行の際パンダを見に行くというのも、中国らしくて良いと
思います。日本国内でも上野動物園などでパンダを見ることが
できますが、中国旅行の際はパンダの見られる動物園などを下調
べして見に行くのも良いのではと思います。


またお土産用のパンダグッズも豊富なので
その楽しみもありそうだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dream5rin

Author:dream5rin
オリンピック大好き人間です。
20年ぶりのアジア開催、北京オリンピックを大いに楽しみたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。