スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



北京オリンピックのチケット情報

北京オリンピックのチケットは今までのオリンピック開催地と
少し事情が異なります。


まずは何と言っても中国国内のニーズですね。
13億人もいるわけですから、0.1%の人が見に行くといっても
130万人です。

中国国内から押し掛ける多数の観客、外国人にもチケット購入枠は
用意されていますが、中国向けニーズが高いので応援も圧倒され
そうですね。


昨年4月より北京オリンピックのチケットの販売予約が始まりました。

発売元となる北京オリンピック組織委員会は、転売や偽造による
価格の高騰を防止するため、電子チップを埋め込んであるチケットを
製作しました。特に開閉会式のチケットの購入には非常に厳格な
チェックが行われています。


例えば、個人を証明する書類のほかに購入者自身の顔写真の提出が
義務付けられて、また、第3者への譲渡についても規定の手続きを
行わなければなりません。
オークションでも買いにくい仕組みにされているんですね。


昨年4月15日に開始された第1回の一般向けチケットの販売数は
約700万枚にのぼり、希望者多数の場合は抽選となります。
チケットは主に中国国内を対象にしており、およそ75%が
中国国内向けに、残りの25%が各国のオリンピック委員会へ
割り当てられました。


価格は中国の物価を基本にして決められていて、過去の歴代
オリンピックの相場に比べてかなりリーズナブルになっています。

一番高いもので、開会式の5000元(日本円で7万5千円)、
競技はバスケットボールが一番人気となっていて男子決勝の
チケットは1000元(1万5千円)となっています。

中国出身のNBAプレーヤーがいますから、人気も高いようです。


反対に、一番安いのが野球で30元(450円)となっています。

北京オリンピックの組織委員会では、チケット販売を三段階に
分けています。第1回目が4月から6月となっていて、販売予約が
開始されて以来、中国ではオリンピックチケットの購入が大ブーム
になっているみたいですね。

第1回目の販売予約は、海外対象の割り当てが少なく、中国以外では
予約も簡単にできないようでした。日本人対象のチケット販売は
これからが本番です。


現地で観戦したいという競技がある方は、まだまだ諦めずに、
これからの販売予約のチケットをなんとか入手できるように
トライしていきましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dream5rin

Author:dream5rin
オリンピック大好き人間です。
20年ぶりのアジア開催、北京オリンピックを大いに楽しみたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。