スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



北京パラリンピックから学ぶもの

北京オリンピックが閉幕して
まだ2週間しか経っていませんが
もうずいぶんと時間が過ぎたような気がします。


感動と興奮
イベントなどで盛り上がった後って
お祭りの後特有の喪失感みたいなものを
感じたりしますね。


そんなことを考えてたら
再び北京で、今度はパラリンピックが始まりました。


そう言えば
今年の北京オリンピックでは
予選でオリンピック出場まであと一歩だった
両足義足の南アフリカの選手がいましたね。

オスカー・ピストリウス選手ですが、
健常者に負けないくらいの俊足です。


義足が進歩していることもあるのでしょうが
北京パラリンピックでの活躍が期待されています。


オスカー選手のことはよく知らないんですが、
もともと運動能力の高かった選手だったのに
事故で両足を切断された後、ものすごい努力の結果
今の彼の活躍があるのだと思います。


日本選手でも同様な運命の選手がいます。


北京パラリンピックの日本選手団旗手を務めた
走り高跳びの鈴木徹選手です。


鈴木選手は高校3年とき
ハンドボールで国体出場しています。
全国で3位に入るくらいの選手だったので
将来を期待されていましたが
交通事故で高校卒業式の日に右足切断となりました。


普通なら、選手生命はこれで終わりですよね。


鈴木選手は病院でリハビリしているとき
走り高跳びに出会い
ハンドビールから陸上のアスリートとして
活躍する場を見出しています。


もともと運動能力の高い人だったとは言うものの
足を切断されたら、ショックから立ち直るまで
かなり時間が掛かると思います。


桧舞台での選手の活躍の影には
それまでの大変な努力と
周囲のサポートがあったことでしょう。



パラリンピックは障害のある方たちでも
生き生きとして活躍している姿を見せてくれます。
それは、健全者で小さいことでくよくよしてる場合じゃないよ。
といわれているように思えます。


パラリンピックの選手達、頑張れ!!

TV放映は少ないけど応援してます。





スポンサーサイト

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

スポンサードリンク



北京オリンピックの感動は何度でも

北京オリンピックが終わってから
2週間近く経ちますが、
まだ感動のシーンは脳裏に残っていますよね。

金メダル1
これはアテネの金メダルですが。。。


とくに日本選手が金メダルを獲得した試合は
時間がたっても
ビデオで振り返れば、すぐ熱い感動がよみがえります。


競泳の北島選手ですと
やはり100m平泳ぎの決勝レースですよね。


200m平泳ぎも金メダルでしたが、
ぶっちぎりの余裕すら感じたレースでしたので
振り返って切るときは冷静に見てしまいます。


ところが100m平泳ぎは
接戦でしたし、
予選が終わった時点でも誰が勝つか
予想は難しかったです。


テレビで見てても感動したくらいです。
実際に北京の会場で見られた方でしたら
その感動は体全体で感じたことでしょう。


ソフトボールの上野選手
決勝戦に勝ち上がる前の連戦
アメリカチームに連敗していても最後まで諦めず
とうとう最後に勝って金メダルを獲得した
あの執念といえる感動の投球


選手が見せてくれる熱いプレーは
後でビデオで見ても感動を呼び起こします。
いい映画を何度見ても飽きないように
本当の素晴らしい試合は映画みたいなものですね。

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

プロフィール

dream5rin

Author:dream5rin
オリンピック大好き人間です。
20年ぶりのアジア開催、北京オリンピックを大いに楽しみたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。