スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



北京オリンピックの競技紹介「ウエイトリフティング」

「ウエイトリフティング」
東京オリンピックでは三宅選手が金メダルでした。

それ以降、日本人選手の活躍が見れないのは残念ですが
力持ちの仕事が減ったせいでしょうか?


オリンピックの競技には普段日本人にはそれほど馴染みのない
競技も結構ありますよね。
今回は「ウエイトリフティング」についてその歴史などを書いてみます。


オリンピック史上では、1896年アテネ大会で、片手ジャークと両手ジャークの
2種目が行なわれています。
さらに1904年セントルイス大会(片手ジャークと両手ジャークの2種目)
でも競技が行なわれました。
ですが、その当時は体操競技の中の1種目として実施されていたので、
階級分けなどもありませんでした。

はじまった頃は階級の無い戦いだったのですね。


その後1920年アントワープ大会において初めて単独の正式種目となって、
種目は片手ジャークと両手ジャーク、それから片手スナッチという
計3種目に増えたんです。


階級もフェザー(60kg)、ライト(67.5kg)、ミドル(75kg)、
ライトヘビー(82.5kg)、ヘビー(82.5kg以上)と全5階級に分けられました。


日本からは1952年ヘルシンキ大会において、愛媛県出身の白石勇選手が
単身で参加したのが初めてとなっています。
また1987年から女子の世界選手権も始まっています。


そして、1960年ローマ大会では、三宅義信選手(B級)が見事銀メダルを
獲得しました。同競技で初めてのメダリストが誕生したわけですね。


さらに1964年の東京大会ではまたもや三宅義信選手(Fe級)が前回大会の
上を行く金メダルを獲得。また、一ノ関史郎選手(B級)、大内仁選手(M級)
が銅メダルを獲得するなど大健闘を見せました。

以降、ウエイトリフティングは、オリンピック競技においてメダル獲得が
期待される有望種目のひとつとして加わったのです。


北京オリンピックでもウエイトリフティングの日本勢の活躍に
大いに期待しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

スポンサードリンク



北京オリンピック開会式チケット販売5月5日から

北京オリンピックの入場券
中国国内向けの第3期販売が5月5日から始まるようですが
13億という世界最大の人口数の国ですから
国内に販売といっても入手は大変そうですね。


(関連記事)
北京五輪組織委員会は23日、五輪入場券の中国国内向け
第3期販売を5月5日に始めると発表した。
6月9日まで、先着順で行う。

http://tinyurl.com/3etg8a
                    (ヤフーニュースより)


開会式に出席をしないと公表されている
国家代表が続いている北京オリンピックですが
それでも開会式は一番人気があるのではないでしょうか。


聖火リレーがエベレストに登頂するのも
国家の威信に掛かての大掛かりなイベントと
なりつつありますが


開会式も相当熱が入る事が予想されます。


経済成長を遂げている中国


それを世界に向けてPRするにはうってつけです。


そういった国家事情はあるものの
スポーツ好きなファンのためにも
スポーツに政治的なもめごとは極力入らないように
お願いしたいところです。


国家の壁を越えたところでの
スポーツ交流


オリンピックの狙いであるスポーツを通じた
万人共通の感動のドラマを是非期待したいものです。






テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

スポンサードリンク



北京オリンピックの競技紹介「セーリング」

北京オリンピックの競技について紹介しています。
今回はマリンスポーツの「セーリング」です。


オリンピックの競技には私たち日本人には馴染みのない競技もいくつか
ありますよね。北京オリンピックでも行われるそれらの競技について
どのような競技なのかなどを少し解説をしてみようかなと思います。


今回の「セーリング」についてですが、
■セーリングは第2回オリンピック・パリ大会から正式に競技が行われ、
初期の頃はキールボートクラスが主体だったようです。


1984年の第23回ロサンゼルス大会より、いわゆるヨットと称されるものに
加えて、ウインドサーフィン(ウインドグライダー級、レヒナー級)が
採用されました。


2004年の第28回アテネ大会ではセーリングは9の艇種と11のクラスで
競技が行われました。
9艇種とは、まず、ディンギーと呼ばれている・470級(男子・女子)
それからレーザー級、49er級、ヨーロッパ級、フィン級。

あとは、ウインドサーフィン・ミストラル級(男子・女子)、
キールボート・スター級、カタマラン・トーネード級、イングリング級です。

ヨット競技とは、レース海面に設置されているブイを、定められた
順序に定められた回数分回って、フィニッシュしたときの着順に
よって順位が決まるスポーツです。


日本がセーリングでオリンピックに参戦したのは1936年の第11回
ベルリン大会からとなっています。以降第二次世界大戦で一旦中断
されるものの、1952年の第15回ヘルシンキ大会より復活を果たします。


オリンピックでは、1996年のアトランタ大会において、
470級女子の重由美子、木下アリーシア組が
見事銀メダルを獲得しています。


北京オリンピックでもセーリング日本勢の活躍に期待しましょう。

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

スポンサードリンク



北京オリンピックの競技紹介「トライアスロン」


オリンピックの競技は、それぞれの国によって人気のあるものが異なりますが
日本では国技である柔道とか金メダルが期待される水泳や女子マラソンなどは
人気が高いですよね。


それでは中国で人気の競技は何でしょうか。

当然メダルが期待される競技でしょうが、今回は開催国なので力の入り方が
違います。当然メダル獲得の世界一を目指しているでしょうから
全ての競技で熱い戦いが繰り広げられるでしょう。


オリンピックの競技には普段日本人にはそれほど馴染みのない
競技も結構ありますよね。
では、北京オリンピックでも行われるそれらの競技について少し
解説をしてみようかなと思います。


■今回は「トライアスロン」についてその歴史などに触れてみますね。

トライアスロンとは、非常に健康志向が高いとされるアメリカ西海岸に
あるカリフォルニア州のサンディエゴにて、1974年に誕生しました。
なので、比較的新しいスポーツですね。


トライアスロンですが、スイム、バイク、ランという3種目を連続で
行っていく競技です。トライアスロンが開始された当初は、距離や
競技の組み合わせパターンがいろいろと試されました。


そして、1982年にバランスがとれた距離ということで、
・スイムが1.5km、
・バイクが40km、
・ランが10kmの

トータル51.5kmが正式に設定されたんです。


現在の世界選手権など、全世界で行われる8割以上が、このような
「ザ・トライアスロン」と呼ばれる規定にて開催されています。

また、競技の人気が高まっていき、実に160カ国を超える国でトライアスロンは
行われています。そして、それと同時に種目の細分化が今進んでいるんですよね。


日本で初めてトライアスロンが実施されたのは、1981年鳥取県皆生温泉
においてでした。その後、1985年に沖縄県の宮古島で、また、琵琶湖で
長距離レースが開かれ、それから天草で、ザ・トライアスロンが国内で
初めて開催されました。


日本でもトライアスロン競技は急速に人気を集めていて、実に年間で200以上
もの大会が全国各地で開催されるようになっているんです。


北京オリンピックでも注目してもらいたい競技のひとつですね。

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

スポンサードリンク



VISA使って北京オリンピックの観戦チケットが当たる

VISAカード使ってますか。

もし、あなたがVISAカードの利用者でしたらラッキーです。

いまVISAカードでは、カード利用者に
オリンピックの観戦チケットが当たるキャンペーンをやっています。



北京オリンピックの開幕が着実に近づいていますね。

これに伴い、北京オリンピック関連のキャンペーンを行ったりする企業も
徐々に出てきましたね。それらの企業の中からVISAの応援キャンペーン
について少し紹介してみたいと思います。


VISAの応援キャンペーンは応募形態が
2パターン用意されているようですね。


ひとつはクイズに答えて誰でも応募できるタイプです。
クイズに答え、応募した人の中から、抽選で100組200名を
北京オリンピックの観戦ツアーに招待されるというもののようです。


実際に現地で観たい!
という人は応募してみてはいかがでしょうか。

ちなみにツアー旅行の日程ですが、2008年8月12日~2008年8月14日の
2泊3日となっており、オリンピック競技2種目の観戦を予定している
みたいですね。また、競技の指定はできないそうです。


■もうひとつは、VISAカードを利用した人が応募対象のものですね。
VISAカードを1万円以上利用(税込み・合算可)した人の中から、
抽選で500名にワンセグ対応のポータブル液晶テレビがプレゼントされるようです。

これならどこでもオリンピックが観られるというのが魅力的ですね。


なお、キャンペーン期間は2008年1月10日から2008年5月31日までの
間となっています。まだまだ締め切りまで余裕がありますので、
興味のある方はこの機会に応募してみてはいかがでしょうか?


詳しくはVISAのサイトなどを参照してみてくださいね。

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

スポンサードリンク



北京オリンピックの聖火リレー

olimpic

オリンピックの聖火リレーが妨害されるという
今までに事例のないような北京オリンピックですが


中国は聖火リレーのコースにエベレストを入れました。

世界最高峰のエベレスト
聖火リレーで世界最高峰の山を走る
ということで中国の秘めたる力を世界にPRしたいところですが
チベット問題が予想外に苦慮しています。


オリンピックという祭典で政治が絡むのはよくあることですが
できるだけ平和に解決してほしいものです。



■北京オリンピックの聖火の採火式ですが、08年3月25日に
ギリシャのオリンピアにて行なわれました。
ギリシャはオリンピック発祥の地であり、また、前回開催地でもありますね。

その後3月30日まではギリシャ国内にて聖火リレーが行われましたが
ギリシャの聖火リレーから妨害がありましたね。


3月30日、第1回オリンピックの会場である
ギリシャ・パンアテナイア体育館にて中国への聖火の引渡し式

31日、聖火は中国・北京へ空路にて移動
それから聖火リレーの出発式が行われました。

ここからが聖火リレーの本格的な始まりです。
8月8日までの130日間にわたって世界中を駆け巡ることとなります。
その間の距離はなんと過去最長となる13万7千キロです。



■北京市を出発した聖火ですが、アルトマイ、イスタンブールと
順に渡っていき、それ以降も世界各地を巡っていきます。

日本では、最近冬期オリンピックが行われたこともあり、
聖火は長野を走ることに決まっています。

ただ、具体的なコース、オフィシャルランナーなどは
まだ決まっていないようですね。

その後、聖火をアジア各国を巡っていき、いよいよ中国本土に渡り、
各地を巡ります。そして、開幕日の8月8日に再び北京へと戻って
いくこととなります。


今回の聖火リレーでは、大きな話題として、聖火が初めてエベレストを
登ることも挙げられますね。


それから最近では、聖火リレーの順番を巡り、クレームが台湾から
出ていることも見逃せない話題ですね。台湾、香港、マカオを経由して
中国本土に入っていくという流れが、台湾があたかも中国の一部として
受け取られかねないといった懸念を示しているようです。


オリンピックは平和の祭典なわけですから、北京オリンピックを
前にして政治的思惑とは離れたレベルでの解決をしてほしいですね。

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

スポンサードリンク



中国旅行で見逃せない【パンダ:熊猫 】

パンダ

日中国交復活時代の証、
と言ってもよいかもしれませんね。


世界で中国にしか生息していない希少動物ですが
上野動物園で見たパンダと本国である中国のパンダ
動物園の様子など比べながら見るのも興味が持てそうです。



皆さんは中国というと何が思い浮かぶでしょうか。


2008年の夏季オリンピックはもちろんですが、中華料理やニュース
などから少し良くないイメージなどもあるかもしれません。


中国を代表するものといっても色々あると思いますが、中国の代表的な
動物のひとつといえばお土産などでも有名なジャイアントパンダ
なのではと思います。


ジャイアントパンダは四川省や陝西省に生息しています。
別名はシロクログマ、色分熊でネコ目クマ科に属します。
コビトカバ、オカピと共に世界三大珍獣とされています。


クマに似た特徴を持ちますが、アライグマに近い特徴もあり、
クマ科か、アライグマ科かパンダ科か長年論争が繰り広げられましたが、
遺伝子解析から、クマの近縁であるとされました。


パンダという呼び方は「竹を食べる物」というネパール語である
「ポンガ」に由来されるとされます。中国では「熊猫」などと呼びます。



パンダの全長は120~150cmで、立ち上がると
170cmくらいになるそうです。

オスの体重は100~150kg、メスは80~120kg
くらいになるそうです。生まれたては体重100~200gと大人の
約1/1000くらいしかないそうです。

成長したパンダは大きいですが、赤ちゃんはネズミの大きさです。
赤ちゃんが小さいので、お母さんパンダの下敷きになり圧死すること
もあるようです。


現在は竹林を住みかにし、笹や竹を主食にしていますが
かつてはクマ類に属していることからも肉食を含む雑食であった
ともされています。

笹が主食になった要因は気候の変動などによると言われています。
群れや家族は形成せず、単体で行動し、冬眠はしないそうです。


中国では40箇所のパンダ保護地区でパンダを保護していますが、
最大の物は四川省にあるそうです。

中国では生息地域だった土地の開発などによりパンダが
孤立する傾向にあったり、食物である竹が不足したりする
ことが起こっているそうです。


パンダの密猟は重罪とされているようです。
2006年、生育センターなどのパンダは計217頭、野生では
約1600頭のパンダが生育しているそうです。

80年代末より増加傾向にある数字だそうです。


中国旅行の際パンダを見に行くというのも、中国らしくて良いと
思います。日本国内でも上野動物園などでパンダを見ることが
できますが、中国旅行の際はパンダの見られる動物園などを下調
べして見に行くのも良いのではと思います。


またお土産用のパンダグッズも豊富なので
その楽しみもありそうだと思います。

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク



知らないと大変、中国のトイレ事情

中国の旅行で、まず驚くのはトイレ事情ではないでしょうか。

日本のトイレと全然違いますから。


上海のような都会では外国人が利用するホテルなどは
欧米と変わらなくて気付かないかもしれませんが、
地方などに足を延ばしてみると、気付かれるかもしれません。

慣れないと用が足せないかもしれません。



■2008年は夏季オリンピックなどが開催される事もあり、
中国旅行に人気が出てきそうですが、中国旅行に限らず海外に行く際、
忘れていそうで大切な事のひとつにトイレ事情なんていうのもあります。


まず最初にトイレ事情が分かりそうなのが空港のトイレですが、
空港のトイレというのは国の中でも整備がきちんとされているという
印象なので、空港のトイレの整備の程度で国内のトイレの事情も
垣間見えそうだとも思います。


そこで今回は、今後旅行者が増えそうな、中国、中国旅行の際に
役立ちそうなトイレ事情を少し見て行きたいと思います。


■「中国のトイレはドアが無い?」などという事をよく耳にする
ようになるのが中国トイレ事情らしいのですが、実際、鍵が壊れたドア、
壊れた後誰も治さないドア、とトイレに日本のようにきちんとドアが
付いている事は少ないそうです。

大都市の北京や上海でも、外資系デパート、高級ホテルを除くと
安心して入れるトイレはかなり少ないようです。


街の公衆トイレは、決して綺麗では無いうえに使用料(日本円で3~5円)
が取られるそうです。トイレや水道の水が流れないということもざらに
あるそうです。トイレットペーパーはもちろんほとんどのトイレに無いため
ポケットティッシュも必需品だそうです。


とても有名な世界遺産の万里の長城、入り口付近などにトイレがありますが、
決して整備はされていませんでした。


■それでは、外出中にどうしてもトイレに行きたくなった場合
どうしたらよいのでしょうか。

そんな時一番良いのはマクドナルドなどのファーストフード店のトイレを
借りる事だそうです。中国ではトイレのためだけにお店に入る事は
当たり前の事でもあるらしいです。


しかしそれらのお店も無い田舎などに行く際はある程度の我慢は必要になって
くるようです。ドアだけではなく屋根もしきりも壁も無いトイレ、屋外の壁際を
ビニールシートで覆っただけのトイレなどもありえるそうです。


ここまで中国のトイレ事情を見てみると、中国のイメージを悪くしてしまったかも
しれませんが、このようなトイレ事情は中国の人にとっては当たり前で、

「日本人が知らない人同士銭湯などに入る方がおかしい」

という事も中国では聞くそうです。


日本のトイレをイメージしてトイレを探すとなかなか苦労しそうですが、
中国らしいトイレというのも良い土産話などになる可能性もあるとも思います。

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク



中国にコンビニあるの

日本では国中に沢山コンビニがありますが、世界では日本のように
便利とはいかないようです。

オリンピックの開催される中国では、コンビニどうなのでしょうか。



海外旅行をした際など、やはり自分の住んでいる国との違いに
色々と目が行く事も多いと思います。街並みなどでは歴史的な景観は
もちろん、飲食店などにも目が行くかもしれません。


夏季オリンピックを控える中国について、その街並みの一部について
見て行きたいと思います。



■中国旅行をする際、例えば深夜などにどうしても必要な物を購入したい
場合などが出てくるとします。

日本に住んでいる場合はやはりこの様な時コンビニが便利なのでは
と思いますが、中国のコンビニ事情とはどのようになっているのでしょうか。


中国の中でも、北京、上海、広州などには
日系のコンビニが進出しているそうです。


おでんや弁当類など日本でもお馴染みの食品が豊富なことからも
人気は高いようです。中国系の店舗も都市部で増加しているそうですが、
地方都市などではまだ数は少ないようです。

中国の上海のような大都市は、東京などと同じような便利な街と成りつつ
ありますが、地方は全然事情が異なります。広い国土の国ですから、
どこに旅行に出かけるかで準備が違ったものとなりますね。


■コンビニの中でも、ローソンは上海で約300店舗展開しており、
ファミリーマートは上海で約100店舗、今後広州にも出店予定だそうです。
セブンイレブンは北京に約40店舗、広州にも店舗があるそうです。

中国系のコンビニには、「快客」というものがあり北京、上海と
その周辺地域に多数出店しているそうです。

そして北京には「好隣居」「物美」「万方便利」、
上海には「好徳」「可的」「良友」「C-STORE」など
約4000店舗の中国系コンビニがあるそうです。


中国旅行をする際など、日本系のコンビニで日本との違いを
チェックしてみたり、中国系のコンビニに試しに入ってみたり
というのも面白い事なのではと思います。


しかしコンビニというと日本のイメージもあり、少し風情が無い
気もしますが、便利さといえばコンビニですので、旅行の楽しみ
にもなってくると良いと思います。

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク



北京オリンピックのチケット情報

北京オリンピックのチケットは今までのオリンピック開催地と
少し事情が異なります。


まずは何と言っても中国国内のニーズですね。
13億人もいるわけですから、0.1%の人が見に行くといっても
130万人です。

中国国内から押し掛ける多数の観客、外国人にもチケット購入枠は
用意されていますが、中国向けニーズが高いので応援も圧倒され
そうですね。


昨年4月より北京オリンピックのチケットの販売予約が始まりました。

発売元となる北京オリンピック組織委員会は、転売や偽造による
価格の高騰を防止するため、電子チップを埋め込んであるチケットを
製作しました。特に開閉会式のチケットの購入には非常に厳格な
チェックが行われています。


例えば、個人を証明する書類のほかに購入者自身の顔写真の提出が
義務付けられて、また、第3者への譲渡についても規定の手続きを
行わなければなりません。
オークションでも買いにくい仕組みにされているんですね。


昨年4月15日に開始された第1回の一般向けチケットの販売数は
約700万枚にのぼり、希望者多数の場合は抽選となります。
チケットは主に中国国内を対象にしており、およそ75%が
中国国内向けに、残りの25%が各国のオリンピック委員会へ
割り当てられました。


価格は中国の物価を基本にして決められていて、過去の歴代
オリンピックの相場に比べてかなりリーズナブルになっています。

一番高いもので、開会式の5000元(日本円で7万5千円)、
競技はバスケットボールが一番人気となっていて男子決勝の
チケットは1000元(1万5千円)となっています。

中国出身のNBAプレーヤーがいますから、人気も高いようです。


反対に、一番安いのが野球で30元(450円)となっています。

北京オリンピックの組織委員会では、チケット販売を三段階に
分けています。第1回目が4月から6月となっていて、販売予約が
開始されて以来、中国ではオリンピックチケットの購入が大ブーム
になっているみたいですね。

第1回目の販売予約は、海外対象の割り当てが少なく、中国以外では
予約も簡単にできないようでした。日本人対象のチケット販売は
これからが本番です。


現地で観戦したいという競技がある方は、まだまだ諦めずに、
これからの販売予約のチケットをなんとか入手できるように
トライしていきましょう。

テーマ : 2008北京オリンピックに注目
ジャンル : スポーツ

プロフィール

dream5rin

Author:dream5rin
オリンピック大好き人間です。
20年ぶりのアジア開催、北京オリンピックを大いに楽しみたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。