スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



中国旅行で見逃せない【パンダ:熊猫 】

パンダ

日中国交復活時代の証、
と言ってもよいかもしれませんね。


世界で中国にしか生息していない希少動物ですが
上野動物園で見たパンダと本国である中国のパンダ
動物園の様子など比べながら見るのも興味が持てそうです。



皆さんは中国というと何が思い浮かぶでしょうか。


2008年の夏季オリンピックはもちろんですが、中華料理やニュース
などから少し良くないイメージなどもあるかもしれません。


中国を代表するものといっても色々あると思いますが、中国の代表的な
動物のひとつといえばお土産などでも有名なジャイアントパンダ
なのではと思います。


ジャイアントパンダは四川省や陝西省に生息しています。
別名はシロクログマ、色分熊でネコ目クマ科に属します。
コビトカバ、オカピと共に世界三大珍獣とされています。


クマに似た特徴を持ちますが、アライグマに近い特徴もあり、
クマ科か、アライグマ科かパンダ科か長年論争が繰り広げられましたが、
遺伝子解析から、クマの近縁であるとされました。


パンダという呼び方は「竹を食べる物」というネパール語である
「ポンガ」に由来されるとされます。中国では「熊猫」などと呼びます。



パンダの全長は120~150cmで、立ち上がると
170cmくらいになるそうです。

オスの体重は100~150kg、メスは80~120kg
くらいになるそうです。生まれたては体重100~200gと大人の
約1/1000くらいしかないそうです。

成長したパンダは大きいですが、赤ちゃんはネズミの大きさです。
赤ちゃんが小さいので、お母さんパンダの下敷きになり圧死すること
もあるようです。


現在は竹林を住みかにし、笹や竹を主食にしていますが
かつてはクマ類に属していることからも肉食を含む雑食であった
ともされています。

笹が主食になった要因は気候の変動などによると言われています。
群れや家族は形成せず、単体で行動し、冬眠はしないそうです。


中国では40箇所のパンダ保護地区でパンダを保護していますが、
最大の物は四川省にあるそうです。

中国では生息地域だった土地の開発などによりパンダが
孤立する傾向にあったり、食物である竹が不足したりする
ことが起こっているそうです。


パンダの密猟は重罪とされているようです。
2006年、生育センターなどのパンダは計217頭、野生では
約1600頭のパンダが生育しているそうです。

80年代末より増加傾向にある数字だそうです。


中国旅行の際パンダを見に行くというのも、中国らしくて良いと
思います。日本国内でも上野動物園などでパンダを見ることが
できますが、中国旅行の際はパンダの見られる動物園などを下調
べして見に行くのも良いのではと思います。


またお土産用のパンダグッズも豊富なので
その楽しみもありそうだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク



知らないと大変、中国のトイレ事情

中国の旅行で、まず驚くのはトイレ事情ではないでしょうか。

日本のトイレと全然違いますから。


上海のような都会では外国人が利用するホテルなどは
欧米と変わらなくて気付かないかもしれませんが、
地方などに足を延ばしてみると、気付かれるかもしれません。

慣れないと用が足せないかもしれません。



■2008年は夏季オリンピックなどが開催される事もあり、
中国旅行に人気が出てきそうですが、中国旅行に限らず海外に行く際、
忘れていそうで大切な事のひとつにトイレ事情なんていうのもあります。


まず最初にトイレ事情が分かりそうなのが空港のトイレですが、
空港のトイレというのは国の中でも整備がきちんとされているという
印象なので、空港のトイレの整備の程度で国内のトイレの事情も
垣間見えそうだとも思います。


そこで今回は、今後旅行者が増えそうな、中国、中国旅行の際に
役立ちそうなトイレ事情を少し見て行きたいと思います。


■「中国のトイレはドアが無い?」などという事をよく耳にする
ようになるのが中国トイレ事情らしいのですが、実際、鍵が壊れたドア、
壊れた後誰も治さないドア、とトイレに日本のようにきちんとドアが
付いている事は少ないそうです。

大都市の北京や上海でも、外資系デパート、高級ホテルを除くと
安心して入れるトイレはかなり少ないようです。


街の公衆トイレは、決して綺麗では無いうえに使用料(日本円で3~5円)
が取られるそうです。トイレや水道の水が流れないということもざらに
あるそうです。トイレットペーパーはもちろんほとんどのトイレに無いため
ポケットティッシュも必需品だそうです。


とても有名な世界遺産の万里の長城、入り口付近などにトイレがありますが、
決して整備はされていませんでした。


■それでは、外出中にどうしてもトイレに行きたくなった場合
どうしたらよいのでしょうか。

そんな時一番良いのはマクドナルドなどのファーストフード店のトイレを
借りる事だそうです。中国ではトイレのためだけにお店に入る事は
当たり前の事でもあるらしいです。


しかしそれらのお店も無い田舎などに行く際はある程度の我慢は必要になって
くるようです。ドアだけではなく屋根もしきりも壁も無いトイレ、屋外の壁際を
ビニールシートで覆っただけのトイレなどもありえるそうです。


ここまで中国のトイレ事情を見てみると、中国のイメージを悪くしてしまったかも
しれませんが、このようなトイレ事情は中国の人にとっては当たり前で、

「日本人が知らない人同士銭湯などに入る方がおかしい」

という事も中国では聞くそうです。


日本のトイレをイメージしてトイレを探すとなかなか苦労しそうですが、
中国らしいトイレというのも良い土産話などになる可能性もあるとも思います。

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク



中国にコンビニあるの

日本では国中に沢山コンビニがありますが、世界では日本のように
便利とはいかないようです。

オリンピックの開催される中国では、コンビニどうなのでしょうか。



海外旅行をした際など、やはり自分の住んでいる国との違いに
色々と目が行く事も多いと思います。街並みなどでは歴史的な景観は
もちろん、飲食店などにも目が行くかもしれません。


夏季オリンピックを控える中国について、その街並みの一部について
見て行きたいと思います。



■中国旅行をする際、例えば深夜などにどうしても必要な物を購入したい
場合などが出てくるとします。

日本に住んでいる場合はやはりこの様な時コンビニが便利なのでは
と思いますが、中国のコンビニ事情とはどのようになっているのでしょうか。


中国の中でも、北京、上海、広州などには
日系のコンビニが進出しているそうです。


おでんや弁当類など日本でもお馴染みの食品が豊富なことからも
人気は高いようです。中国系の店舗も都市部で増加しているそうですが、
地方都市などではまだ数は少ないようです。

中国の上海のような大都市は、東京などと同じような便利な街と成りつつ
ありますが、地方は全然事情が異なります。広い国土の国ですから、
どこに旅行に出かけるかで準備が違ったものとなりますね。


■コンビニの中でも、ローソンは上海で約300店舗展開しており、
ファミリーマートは上海で約100店舗、今後広州にも出店予定だそうです。
セブンイレブンは北京に約40店舗、広州にも店舗があるそうです。

中国系のコンビニには、「快客」というものがあり北京、上海と
その周辺地域に多数出店しているそうです。

そして北京には「好隣居」「物美」「万方便利」、
上海には「好徳」「可的」「良友」「C-STORE」など
約4000店舗の中国系コンビニがあるそうです。


中国旅行をする際など、日本系のコンビニで日本との違いを
チェックしてみたり、中国系のコンビニに試しに入ってみたり
というのも面白い事なのではと思います。


しかしコンビニというと日本のイメージもあり、少し風情が無い
気もしますが、便利さといえばコンビニですので、旅行の楽しみ
にもなってくると良いと思います。

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク



中国旅行で忘れてはならない持ち物

中国旅行で忘れると、大変な目に遭う持ち物って?


もうすぐ2008年夏季オリンピックも近づいてきて、いよいよ北京などが
注目をあびる時期にもなってきました。

そんな中、海外旅行というと中国に足を運ぶ人も増えてくるのではと思いますが、
今回は中国旅行、また中国旅行に限らなくても参考になるかもしれないと思いますが、
旅行の際の持ち物の注意について見て行きたいと思います。



■まずは貴重品ですが、第1に現金が必要です。

中国の通過の単位は人民元です。
そして現金の次にトラベラーズチェックです。

日本円が中国旅行での両替に使用できますが、パキスタン、ロシア、モンゴル
などの中国以外の第三国に行く時には米ドルが便利です。


中国では日本円か米ドルが良いそうです。
そしてクレジットカード、通用する場所は限られていますが、買い物の清算や
ホテルで使用できます。


■その次は航空券とパスポートです。

パスポートは中国旅行中唯一の身分証明証になります。

続いては身の回りの日用品などですが、髭剃りやくし、歯ブラシ、歯磨き粉、
石鹸、シャンプー類、身体を洗うタオルなどが便利です。

パスポートやトラベラーズチェックのコピーなどがあると
再発行などが早くできます。

またクレジットカード、海外旅行傷害保険の番号や有効期限、連絡先などを
これも紛失や盗難防止のために控えておくと良いようです。


■また中国ではトイレには基本的に紙がないので
トイレットペーパーもあると便利だそうです。

そしてウェットティッシュ、耳栓、アイマスク、空気まくら、
サングラス、帽子、日焼け止め、便座シート、ビニールシート、
ビニール袋、紙封筒なども便利です。

またビーチサンダル、列車などで長距離移動する時やホテルの部屋で
荷物を保管したいときに中を覗かれないようにする鍵、時計、電卓、
筆記用具、メモ帳、クリアーファイル、テレフォンカード、
中国の地図、ガイドブック、列車や飛行機の時刻表、携帯できる
日中、中日辞典などがあると便利なようです。


●なくても問題ない物は大きいカメラ、国際免許証

●現地で手に入る物はフィルム、シャンプー、リンス、
 VCDプレーヤー、MP3CDプレーヤー

●現地では入手が困難な物は、APSフィルム、DVビデオテープ、日焼け止め

●売られている所が限られている物は、ウェットティッシュ、
 コンタクトレンズなどだそうです。


持ち物といってもほんの基本的な物以外は個人差があると思いますが、
ほんの参考程度にあると便利な物などを見てきました。


あまり念入りに用意し過ぎても現地で簡単に手に入る物も沢山あったり、
中国旅行や海外旅行の楽しみのひとつに日用品などを現地調達するなどと
いう事もありそうですので、必要最低限の物を中心に用意していくと
楽しみも残っていいかもしれません。

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク



中国旅行で必要なビザ

中国旅行にはビザが必要になります。

北京オリンピックに急に行きたくなっても、中国に行くための観光ビザが
必要になります。ビザ発行には時間が掛かりますので、前もって準備して
おくのが賢明ですね。


■中国旅行をする場合、必要になるビザについて
少し見て行きたいと思います。


旅行、特に海外旅行などをする際には色々と準備が必要になって
くると思います。今後特に人気が出そうなのが夏季オリンピックも
間近であるため、中国旅行でしょうか。

旅の準備といえばパスポートはもちろんですが、他にビザなどもあります。
ところでビザとはどのような物なのでしょうか。


■ビザとは、渡航先の国に入国する時に必要な許可書です。

観光目的の為必要な国、中国と
不要な中国の内の香港、マカオなどがあります。
例えば香港90日以内の場合はビザが不要です。

ビザの種類は、観光ビザ、訪問ビザ、学習ビザ、過境ビザがあります。
観光ビザの有効期限は入国日から30日間で、短期旅行、親族訪問で
中国を訪れる場合に発給されます。

発給後は3ヶ月以内に入国する必要があります。
また一度しか入国できない1次ビザ、2度入国できる2次ビザ、
半年マルチビザ、1年マルチビザなどがあります。


■ビザの有効期限は特にパスポートのビザ欄にスタンプで記載されています。
ビザの所得方法は、個人の場合領事館へ直接出向く必要があります。

申請書、写真、住民票、往復チケットなどが必要ですが、
領事館によって異なるようです。

また個人申請以外には旅行会社などを通しても申請が出来ます。
ビザ所得は代理店経由の場合などは1週間~10日ほどかかります。

緊急の場合も追加料金を支払えば、翌日、翌々日に取得出来ます。
個人の場合は、旅行会社の経由が無いため3日で取得できます。

ビザ所得には、1次ビザが3000円、2次ビザ6000円、
半年マルチビザ9000円、1年マルチビザ18000円
などの費用がかかります。

翌日受け取りはプラス3000円で、関係証明が必要です。
当日受け取りはプラス5000円と関係証明が必要です。

旅行会社を通す場合は、1次観光ビザが4000円~12000円
と幅がありますが、平均は6000円くらいだそうです。
送料負担などもよく確認する必要があるようです。


今回は特に中国旅行の際のビザ取得について見て来ましたが、
ビザ取得もパスポート取得などと同じく事前に色々と調べて
おくと取得などがスムーズに行くのではと思われます。

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

dream5rin

Author:dream5rin
オリンピック大好き人間です。
20年ぶりのアジア開催、北京オリンピックを大いに楽しみたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。